美しく。

死んだ後が勝負

とするなら、「生」は死のためにどう生きるのか?